不動産売却の仲介手数料の計算方法。

不動産会社を利用したときの仲介手数料は、不動産売却においてしっかり把握しておくべき部分となります。少し複雑な計算法となるので、覚えておきましょう。

基本的な計算式

不動産会社は全国にさまざまな種類が存在しているので、一見、手数料はそれぞれに設定されているようにも考えられますが、実は「宅地建物取引業法 第46条」にて、国土交通大臣により定められています。その額以上を報酬として受け取ることは禁止されているので、次の計算方法で算出される額以上となることはありません。
まず、200万円以下の金額には、5.4%以内の額が、そして200万円を超え400万円以下には、4.32%、400万円以上には3.24%が適用されます。例えば売買額が4,000万円であれば、一つ目の200万円区分が10.8万円、二つ目の区分、200から400万円の区分が8.64万円、残りの400万円以上にあたる額、3,600万円分に関しては116.64万円の、税込計136万800円が仲介手数料として発生する形です。

簡易的な計算の仕方

金額の区分にて計算法が異なるため、馴染みの無い素人にとっては、なかなか理解しにくい部分かと思われます。そもそも自宅など落ち着いた環境であれば、こうしたルールを知っておけば計算することができますが、屋外や移動中と言った環境で考えたいともなると、少し手間にも感じられがちではないでしょうか。しかしそんな際に役立つ、簡易的な計算法も存在するので、活用してみて下さい。 こちらは、物件価格が400万円を越える場合に使用できる計算式です。「売買価格の3.24%+6.48万円」これにより、上述に挙げた複雑な計算法と同様の金額を算出することができます。 計算する際の注意点としては、別途消費税もかかることが挙げられます。しかしこれに関しても、それぞれ踏まえた上で計算できる式となっているので、上記2通りの式で問題ありません。なお宅建法により上限は定められていますが、低く見積もる分には決まりがありません。]]>

関連記事

  1. 条件調整の種類と重要なポイント。

  2. 不動産査定

    家の売却を不動産会社に依頼するメリット・デメリット。

  3. 引き渡しまでにしておくべき準備や確認について。

  4. 不動産売却時のトラブルとその対処法。

  5. 固定資産税の計算について教えてください。

  6. 路線価を使った土地の評価方法。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。