マンション売却に消費税はかかる?

あなたが事業者ではなく個人であれば、マンションの売却そのものには消費税は課税されません。 ただし、仲介業者への仲介手数料については、消費税が課税されます。

土地の売却について

消費税法上、土地等の譲渡はそもそも非課税取引に分類されています。ですので、土地の売買については個人・事業主かかわらず課税されることはありません。

建物の売却について

建物は消費税の課税対象です。しかし、売主が個人の場合は消費税は課税されません。 国税庁によると消費税の課税の対象は「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等」と規定されています。そのため、個人には課税されません。

仲介手数料に対する消費税について

不動産の仲介については 手数料(税抜き) = 【売買代金】×3% + 6万円 の手数料が発生します。この全額について、消費税が課税されます。 まとめますと、下記のとおりです。
・土地の売却…非課税 ・建物の売却…非課税(売主が個人の場合) ・仲介手数料…課税対象

増税前に売却した方が得かどうか

結論、得ですが金額は大きくないです。  
4,000万円でマンション売却するパターンを考えます。 増税前後で変わるのは上記の通り仲介手数料だけなので、手数料のみ計算します。 ・増税前 仲介手数料(税込) = (4,000万円×3% + 6万円)×1.05 =132.3万円 ・8%に増税後 仲介手数料(税込) = (4,000万円×3% + 6万円)×1.08 =136.08万円 ・10%に増税後 仲介手数料(税込) = (4,000万円×3% + 6万円)×1.10 =138.6万円 ですので増税の影響は下記のとおりです。 ・8%に増税後…3.78万円 ・10%に増税後…6.3万円
  総額4,000万円と比較すると小さな金額です。 この差額のためだけに焦って売却する必要はないでしょう。

しかし、買主側の事情を考慮すると、今がマンション売却に有利かも。

買主が支払う住宅ローン手数料、保証料、登記費用等などの費用については消費税がかかってきます。 つまり、増税の影響は買主の方が売主よりも大きいのです。 そのため、増税前には中古住宅の需要が高まり、有利に売却を進められる可能性は高いといえます。]]>

関連記事

  1. 路線価とは何?

  2. マンション購入にかかる固定資産税とは何?

  3. マンション査定の相場はどうなっていますか?

  4. 中古マンションの購入と賃貸で住むのは、どちらが良い?

  5. 中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがおすすめ?

  6. 不動産売買のトラブルについて。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。