マンションのリフォーム工事に必要な詳しい費用は?

マンションのリフォームには、どれほどの費用がかかるのでしょうか。 マンションのリフォームを行う場合、その費用は、施工内容によって大きく変わってきます。そのため、一概に、どれほどのリフォーム費用が必要になるのかは、いえないものの、その施工内容ごとに、大まかな相場はあるようです。 マンションのリフォーム工事で、もっとも費用が必要になるといわれているのが、水まわり関係です。

・水回りの費用

たとえば、台所を最近人気のアイランドキッチンに変更する場合、もろもろの工事費用を合わせると、それだけで400万円ほどが必要になるともいわれています。 ただ、システムキッチン自体の交換だけですむなら、グレードにもよるものの、そのリフォーム費用は50万円からといいます。 アイランドキッチンに変更した場合など、キッチンを入れ替えたり、配管の変更を伴う場合は、どうしてもリフォーム費用が高くなってしまうようです。また、キッチンのコンロをガスからIHに変更する場合だと、そのリフォーム費用は25万円程度といわれています。

・バスルームの費用

バスルームのリフォーム費用をみていくと、ユニットバス全体を新しくすると、それだけで100万円前後の費用が必要になるといわれています。 一方、浴槽や給湯器などを変更するだけなら、その費用は30万円から40万円ほどが相場といわれています。

・トイレ、洗面所の費用

トイレを新しくする場合、たとえば、和式から様式にするケースだと、20万円から80万円ほどの費用が必要になるようです。ただし、便座に洗浄機能を追加するような小規模なものだと、10万円ほどの費用をみておけばいいでしょう。 さらに、洗面所のリフォームをみていくと、ボール型などデザインを変更する場合は、40万円ほどの費用がかかることもあるようです。

・内装の費用

内装のリフォームをみていくと、リビングの天井や壁のクロス張替えで、数万円から10万円程度、床のフローリング張替えに20万円前後が必要になるといわれています。 さらに、床暖房を導入した場合、電気式だと40万円以上、温水式だと60万円以上の費用が必要になるようです。また、和室の畳を張り替えるなどの費用としては、20万円前後が相場のようです。このほか、ドア交換には20万円から50万円ほどが相場といわれています。

・その他の契約費用とは?

こうしたマンションのリフォーム工事費用のほかにも、工事の契約にかかる印紙税や、現場管理費などが請求されることもあります。 さらに、リフォームをする際に金融機関でローンを組むと、事務手数料、ローン保証料、印紙税なども別途必要となります。マンションのリフォーム工事でローンを組んだ際には、ローン自体の利息だけでなく、さまざまな諸経費が必要となることにも注意が必要です。 このように、マンションのリフォーム工事には、その程度にもよるものの、さまざまな費用が必要となります。 ここで、大切なのは、2・3の業者に相見積もりをとってもらうことです。 マンションのリフォーム工事を行うに際して、ひとつの業者だけでは、その工事費用が適正なのかどうか、なかなか判断がつきません。複数の業者間で、リフォーム工事の費用を比べることで、見積もりがはたして適正な価格なのかどうか、判断の材料となります。 また、複数の業者からリフォームの話を聞くことで、それまでになかった、新たなリフォームのアイディアが浮かぶこともあります。また、マンションのリフォーム工事を依頼する側でも、あらかじめ、どのようなリフォームをしたいのか、イメージを膨らませておくことも大切です。 すべて白紙のままでは、業者からの見積もりも、なかなかはかどらないからです。 ただし、あまりにも、相見積もりを出してもらう業者数が多いのも考え物です。 たとえば、10社から見積もりをとろうとすると、それぞれの業者の訪問を終えるのにも、相当な時間が必要となってしまいます。業者によっては、見積もりのフォーマットも異なるため、それぞれを読み込むのもなかなか骨が折れてしまいます。 その結果、結局、どの業者にリフォームを頼んでいいのか、わからなくなるというケースも少なくないようです。このことから、相見積もりを出してもらう業者数は、2、3社が適正数のようです。 また、マンションのリフォームを依頼するなら、施工事例が豊富で、地元での評判のいい業者を選ぶようにしたいものです。 費用についても、説明があいまいな業者よりも、丁寧に説明してくれる業者のほうが、安心できます。 また、工事中の騒音について、近隣の住宅に配慮してくれたり、アフターフォローもしっかりしている業者を見極めることも大切な要素となります。 こうして、マンションのリフォーム工事の相見積もりを出してもらっても、思ったよりも予算が膨らんでしまうことも、少なくありません。 その場合、マンションのリフォーム工事のコストダウンを図っていくことになります。ただ、さらに、ほかの業者から見積もりをとるとなると、なかなか肝心のリフォーム工事までたどりつきません。 そこで、おすすめしたいのが、あらかじめリフォーム工事の総予算を業者側に伝えることです。 あらかじめ、リフォーム工事の総予算が決まっていれば、予算の都合上、できる工事とできない工事が明確になってきます。 その一方、あらかじめ、リフォーム工事の総予算が決まっていないと、あれもこれもと、工事が追加されることになり、予想外に予算が膨らむことも少なくありません。 このことから、リフォーム工事の総予算を抑えるには、必要不可欠な工事と、そうでない工事を区別しておくことも大切なのではないでしょうか。 マンションのリフォームを行う場合、なかには、DIYでできてしまう工事も少なくありません。 例えば、壁紙や床の張替えなどは、ホームセンターで材料を購入することもできます。 また、カーテンの新調なども、インテリアショップに出かければ、手ごろな価格のカーテンが見つかるかもしれません。 このように、マンションのリフォームはけして、安い出費にはなりません。 ただし、工夫次第では、リフォームの工事費用を見直すこともできます。最近では、マンションのリフォームについて、インターネットでもさまざまな情報が公開されています。 まず、業者に見積もりを取る前に、自分自身で、マンションのリフォームにかんする情報を調べてみるのも、有用なのかもしれません。 ]]>

関連記事

  1. マンションの売却時に必要な費用はどのくらいか?

  2. マンション売却について問合せを劇的に増やす9つの改善ポイント

  3. 居住しながらの売却はできますか?

  4. マンション査定の相場はどうなっていますか?

  5. 家を売るなら、専任媒介か一般媒介か?

  6. マンション購入にかかる固定資産税とは何?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。