マンションを売却する時はリフォームする?しない?

マンション売却前にリフォームは行うべきか? マンション売却では、確実に売れるかどうかという問題がまずあります。売り出しを行っても、必ず売れるとは限らないのです。 確かに不動産の業者としては、マンションの売却が成立する為に、売り出しの活動などは行ってくれます。しかし活動を頑張っても、なかなか売却が成立しない事もあるのです。 その理由の1つは、マンションの状態です。それは物件の購入を検討している方々の目線を考えると、よく分かります。 そもそも物件を購入する事を検討している方々からすれば、状態は良いに越した事はありません。あまり状態が良くないマンションですと、住み心地が悪い可能性もあるからです。 逆に物件の状態が良ければ、売り出しで成功する確率も高まる訳です。 ですからマンション売却を成功させたいなら、できるだけ状態は良くするべきでしょう。

マンションの状態は、リフォームに左右される一面がある

長らく住宅に居住し続けた方々は、たまにリフォーム工事は行っているでしょう。その工事を行う方が、住み心地も良くなると見込まれるからです。水回りなどに対してリフォームが行われる事例は、多くあります。 そして、それがマンションの売却確率に関わってくる訳です。 というのも中古物件を検討する方々は、たまにリフォーム済みか否かという基準で、住宅を探している事があります。 リフォームが行われている物件なら、居住環境が無難という考え方もあるからです。 実際リフォーム済みという表現は、大きな強みにはなります。広告にその表現が明記されていると、成約率も高まる傾向があるのは事実です。ですから確実に売り出しを成功させたい時には、リフォームも検討候補になるでしょう。 それで結論を申し上げると、マンション売却を成功させたいと望むなら、リフォームを行ってみる選択肢は確かにあります。ただし、やはり費用はよく考えるべきでしょう。

不動産業者の担当者としては、リフォームを推奨していない事も

理由は赤字リスクです。 当然リフォームを行うなら、工事料金を支払う事になります。しかもリフォームの内容によっては、それなりに高い料金になるのです。大掛かりな工事を行った時には、100万円台になってしまう事もあります。

次のようなケース場合

あるマンションの場合、売却見込み額が1,500万。居住した年数も長い住宅です。 上記の1,500万という数字は、物件に対して何も手を加えない時です。加える選択肢もあります。 長らく住み続けたマンションでしたら、至る所に損傷が発生している事も多いです。それを改善する為に、リフォームを行ってみる選択肢はあるでしょう。 ただしリフォームの費用が、やや高めな数字になりました。合計料金は、結局130万になったとします。 この場合マンションの売却額は、少なくとも1,630万円以上になる必要があるでしょう。そうでなければ、赤字になってしまうからです。 リフォームを行った結果、売却価格は1,550万になったとします。確かにリフォーム前と比べれば、50万ほど価格は高くなっているでしょう。 ところが、リフォームの工事料金は130万なのです。明らかに80万の赤字になってしまっています。 確かにマンションに対するリフォームを行えば、売却の成約率は高まるのです。だからといって上記のように数十万の赤字になってしまうのも、少々困るでしょう。 なので不動産業界の方々は、上記のような事情をよく知っているので担当者によっては、マンション売却に関して不動産業者に相談をしている事もありますが、たいていはリフォームしない方が良いとアドバイスされるのです。上記のような赤字の事情があるからです。 ですから料金が赤字になる可能性が大なら、結局は中古マンションに対するリフォームは行わない方が良いという結論にはあります。

そもそもリフォーム料金には様々な幅がある

上記は100万以上になった事例ですが、それ以下の工事料金に収まることも、実際にはよくあります。 リフォームを行うと言っても、何も大規模な工事である必要はありません。限られた範囲だけで、リフォーム工事を行ってみる選択肢もあります。 例えばベランダなどに対するリフォームを行った時には、数十万前後で済む事もよくあります。またリフォームの規模があまり大きくない時などは、依頼料金も低く抑えられる傾向はあるのです。 料金がそれほど高くない時には、リフォームを行ってみる選択肢はあるでしょう。いわゆるプチリフォームを検討する事になります。 ある意味、ハウスクリーニングと似た一面があります。費用の問題がありますから、マンションに対してリフォームを行うのは、やや微妙な一面はあります。しかしハウスクリーニングでしたら、そこまで大きな料金にならない事も多いのです。 ハウスクリーニングでどれ位の料金になるかは、それこそ状況次第です。広い間取りに対するクリーニング作業を行った時には、それなりの料金になります。逆に狭い間取りでしたら、料金が低く抑えられる訳です。 それでもハウスクリーニングは、高くてもせいぜい10万円台に収まります。ましてリフォームのように、100万円台になる事は殆どありません。 つまりハウスクリーニングは、料金がリフォーム料金と比較すると安いので活用するのも良い考えだと思います。

最後に

たとえクリーニング業者に費用を支払っても、十分に元が取れると見込まれるので、作業を依頼する選択肢もあるのです。 そしてリフォームにも、同じような状況はあります。 上記の100万円台のような数字ではなく、もう少し費用を抑えて作業を行ってもらえるなら、マンション売却の為にリフォームを行ってみる選択肢はあるでしょう。 ですからマンション売却でリフォームを行うべきか否かは、結局は状況次第とも言えます。 もしも迷った時には、不動産の専門業者に相談してみるのも正しい選択です。 不動産業者は、状況を多角的に分析して、的確なアドバイスを行ってくれます。 ]]>

関連記事

  1. マンションの買取と仲介の違いとは?

  2. 家を売るべきか貸すべきか?

  3. 土地の売却がしやすい時期はありますか?

  4. 土地の評価額の算出方法は?

  5. マンション査定のとき、リフォーム・リノベーションは必要?

  6. マンション査定の相場はどうなっていますか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。