高額査定の条件について。

不動産査定で高額査定される基準は、大きく分けて2つあります。

  • ひとつは立地です。
他の物件を新規で取得しない限り、動くことはできないので、立地はとても重要です。
立地の基準
幹線道路との関係性

駅や施設が近くにあるか

近所に深夜まであいているお店があるかどうか

日当たり・騒音・治安

など、さまざまな要素が査定へ影響します。
  • 2つめは、建物の築年数です。
当然なるべく新しい方が高額査定になります。
高額査定の基準
一般的には一戸建てだと20年ほどで建物の価値がなくなってしまいます。また、マンションなどの集合住宅などは、更に価格の下落スピードが早いと言われています。
立地と築年数ですが、査定の基準で影響力が大きいのは立地になります。 多少建物が古くても、周辺でどんどん開発が進んでいるような地域であれば高額査定される場合もあります。また、建物が新しくても、不便な場所や閑散としてしまっている地域は、査定は安くなってしまいます。 適正相場や近隣の地域などの相場を把握した上で、高額査定なのかどうか判断した方が良いです。]]>

関連記事

  1. 不動産査定サイトを使うメリット。

  2. 路線価を使った土地の評価方法。

  3. 土地売却の流れについて。

  4. 不動産売却で必要となる費用について。

  5. 不動産の売却はいつから準備するのが良い?

  6. マンションにかかる固定資産税について。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。