不動産売却の流れについて。

いざ不動産売却を思い立っても、一体何から手を付ければいいのか分からないという人も、少なくないことでしょう。以下では、大まかな流れについてご紹介させてもらっています。それぞれについての詳しい知識も必要ですが、まずはどういった手順となるのかを、把握しておきましょう。

売りに出すための下準備

まずは、手持ちの不動産に近い物件の相場を調べて、どれくらいの価格で売るべきなのか、目安を立てましょう。規模や間取り、築年数、立地等さまざまな面がポイントとなります。情報については、インターネットなどで調べることができます。 そして次に、不動産会社探しです。同じ不動産を扱う会社でも、種類はさまざまです。賃貸・売却・土地・増築など特化している部分が異なるので、売却を専門的に取り扱う業者を選ぶようにしましょう。また、信頼できるかどうかも注目すべき点です。実績や対応の善し悪し、誠実さがあるかなどにも着目して下さい。 会社が決まれば、後は価格査定を依頼し、仲介してもらう形となります。媒介契約は3種類存在するので、自身に合ったものを選択して下さい。

物件を売りに出す

売り出す際の価格設定は、自分ですることができます。査定価格の他、最初に調べた周辺の相場、市場の動向と照らし合わせつつ、検討しましょう。 購入希望者が現れたら、交渉によりお互いの希望をすり合わせていきます。このとき、焦り過ぎると損をしてしまうことにも繫がるので、あらかじめ譲れない部分や最低額を設定しておいて、余裕のある交渉をするようにしましょう。 これらが完了したら、物件情報を開示して、売買契約を結びます。このとき、把握していることは良い部分も悪い部分もしっかりと伝えて下さい。なぜなら、後々クレームが発生しトラブルに発展するといった展開も考えられてしまうからです。 最後に、不動産を引き渡し、代金を受領して売買の流れは一通り終了となります。]]>

関連記事

  1. 引き渡しまでにしておくべき準備や確認について。

  2. 不動産売却で必要となる費用について。

  3. 不動産査定

    家の売却を不動産会社に依頼するメリット・デメリット。

  4. 売却する不動産に傷・欠陥等が見つかった際の対応。

  5. 不動産売買の際にかかる税金について。

  6. 不動産査定サイトを使うメリット。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。