売却しやすい土地。

売却しやすい土地というのは、買主に「買いたい」と思わせる要素を多く持っている土地といえます。 では、どのような要素が買主の購買意欲を刺激するのでしょうか。

利便性の高い土地ほど売却しやすい

交通の便がよく、コンビニやスーパー、図書館、病院、郵便局、市役所など、快適な生活を支える店や施設が周辺に揃っていれば、魅力的なアピールポイントになるでしょう。 特に、駅やバス停からの距離は重要です。徒歩10分以内であれば強力な訴求ポイントになります。 もちろん、駅に近すぎても電車の音がうるさいなどマイナスポイントが生じる可能性もありますが…。 また、定番の宣伝文句になっていることからもわかる通り、「閑静な住宅街」というのも売却にあたって有利な条件になります。 住宅用地としては、駅前や繁華街からほどよく離れた静かな立地も需要が多いのです。 周辺施設の利便性は、購入希望者の年齢や家族構成などによっても変わります。 子どもがいる場合は小学校や幼稚園が近くにあればうれしいですが、独身の人にとってはプラス材料にはなりません。 売却にあたって、購入希望者のターゲット層を特定することができる場合は、周辺環境をよりアピールしやすくなるでしょう。

日当りや道路の幅も大事

日当りや風通しのよさも、購入希望者がよくチェックするポイントです。 土地をどのように利用するにしても、日当りと風通しがいいにこしたことはありません。 住宅用の土地を探している場合は、日当りのよさを必須条件のひとつにしている人も多いでしょう。 また、四方を建物に囲まれているような土地は、マイナス評価につながる可能性が高いといえます。 車を所有する人にとっては、土地に面する道路の幅も重要です。 住宅を建てた際に、道路の幅は車庫入れのしやすさに影響するからです。 これらのポイントを参考にしながら、不動産業者とも相談してアピールすべきポイントを決めていきましょう。]]>

関連記事

  1. 土地売却の流れについて。

  2. 売却する不動産に傷・欠陥等が見つかった際の対応。

  3. 路線価の調べ方について。

  4. 不動産売却における相場を調べるには。

  5. 不動産の売却はいつから準備するのが良い?

  6. 不動産売却の仲介手数料の計算方法。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。