不動産売却で必要となる費用について。

大きな資産である不動産を売れば、最終的には多くの場合、大きなお金を手にすることができるでしょう。しかし、そこに至るまでには諸々の出費も覚悟しておかなくてはなりません。その内約について、ご紹介しています。

手元に売却価格のすべてが残る訳では無い

特に、お金の工面を目的に不動産売却を考えている人が把握しておくべき点なのですが、不動産を売却したお金は、丸々手元に残るとは考えないようにして下さい。大まかな把握としては、売却価格から、売物件に住宅ローンの残債が残あるのであればその関連費用、そして権利関連や税金、引っ越しに関する雑費などを差し引いた額こそが、最終的に得られる金額と考えて下さい。 とは言え、物件や売却の方法によってこうした費用は大きく上下するため、あらかじめ計算した上で売却の流れへと進むようにしましょう。

売却にかかる諸費用内約

それでは以下にて、代表的な例をご紹介します。 まず一つに、「仲介手数料」です。仲介を依頼せずに売却するケースは少ないので、多くの人が頭に入れておくべき点となるでしょう。媒介契約に基づき、支払います。次に「抵当権抹消費用」です。これは上述にも挙げた、ローン残債に関するお金です。残債があり、なおかつ抵当権が設定されているときに、抹消登記の登録免許税として支払います。同じく税関連では、「不動産売買契約書の印紙税」、「譲渡所得税」も含まれます。建築的な面に関しては、土地の実測が必要となる場合の「測量費用」、また更地にした上で土地を引き渡す場合の、「建物解体撤去費用」が挙げられます。 最後に、引っ越し費用や不用品処分、またハウスクリーニングと言った「雑費」も忘れてはなりません。「不動産売却=お金が入る」といった安易な把握ではなく、しっかり出費面も調べた上で検討するようにして下さい。]]>

関連記事

  1. 不動産の売却はいつから準備するのが良い?

  2. 売却する不動産に傷・欠陥等が見つかった際の対応。

  3. 土地の売却の前にやっておくべきこと。

  4. 引き渡しまでにしておくべき準備や確認について。

  5. 不動産売却の仲介手数料の計算方法。

  6. 不動産売買の際にかかる税金について。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。